スポーツ外傷・障害・コンディショニング
長進整体整骨院のホーム > スポーツ外傷・障害・コンディショニング

スポーツ外傷・障害・コンディショニング

スポーツ外傷とは、大きな力(転倒・衝突など)が骨、筋肉、軟骨、靭帯、腱などの組織に加わって、骨折、筋・腱の断裂、関節の脱臼などが発生するを指します。

スポーツ障害とは、これらの組織にかかる繰り返しの負荷や使い過ぎOVERUSEによって発生するものです。

 

<応急処置・RICE処置>


 スポーツでけがをした場合、出来るだけ早く病院や整骨院で診断と治療を受ける必要がありますが、すぐに受診できない場合は自分で応急処置をすることがとても大切です。何故ならば、応急処置することで「痛みの軽減」「腫れの軽減」「炎症の広がりを抑える」ことができ、二次損傷を防ぎ、早期回復につながるからです。
 RICE処置とは、

安静(Rest),冷却(Icing)、圧迫(Compression)、拳上(Elevation)

の頭文字をとったもので、応急処置の基本テクニックのことです。

R 安静 ケガをしたら床やいすに座って安静にして、二次損傷を防ぎます。
I 冷却 
氷嚢で患部を冷し腫れや痛み、筋肉のけいれんをやわらげます。
C 圧迫 バンテージで適度に圧迫し、腫れを押さえ、痛みを軽減させます。
E 拳上 患部を心臓より高く上げて、内出血を押さえます。
*20分位を目安にし、間隔を開けて繰り返す。

 RICE処置という言葉は、1978年にDr.Gabe Mirkin が「The Sports medicine Book」 という本の中で提唱したものですが、2014年に自身のHP内で

「RICE処置は回復を遅らせるものかもしれない」

と述べているのをはじめ、近年、欧米ではその有効性に疑問を投げかける文献が続いています。
ただ、私のスポーツ外傷の治療経験や自身の骨折や捻挫の経験から、RICE処置はスポーツ外傷時の疼痛を緩和させることは間違いなく効果があるので、負傷時の応急処置としては正しいと考えます。RICE処置をしたうえで、一刻も早く病院や整骨院で診断と治療を受けることが望ましいと私は考えます。

スポーツ医学は日々進歩しており、以前の常識が現在では非常識になるものもあります。(昔の運動中の水分補給のように)
盛岡市 長進整体整骨院では、スポーツ外傷やスポーツ障害に対しての最新の情報を獲得し、皆様にご提供し、治療に役立てていきたいと考えております。



<肉離れ>

 肉離れとは、筋肉が急に伸ばされたり、遠心性収縮(力が入ってい状態で筋肉が伸ばされる)などによって発生する筋繊維や筋膜の部分断裂です。
軽い違和感や軽い腫脹程度の物から、部分断裂をともない歩行に支障をきたすような重度の物もあ炉ます。起こしやすい筋肉は、
ハムストリングス(ももの後側の筋肉:大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)が最も多く、腓腹筋(ふくらはぎ)、大腿四頭筋(ももの前側)。



過去の記事


長進整体整骨院
モバイルサイト