骨盤の歪みが腰痛の原因かもしれません
長進整体整骨院のホーム > 骨盤の歪みが腰痛の原因かもしれません

骨盤の歪みが腰痛の原因かもしれません

腰痛の原因は人それぞれ。整形外科でも特定が難しい腰痛の原因

一口に腰痛と言っても、その原因や症状は様々です。整形外科によっても診断が違うことがあり、はっきりとした原因をつかみきれないのが現状です。

腰痛に悩まされ、病院を受診しMRIやレントゲンなどの画像検査をしてもらい、ヘルニアや背骨の変形があると診断されても、痛みの原因はいろいろと考えられ、医師にもその原因を特定できないケースもあります。

その腰痛が急性なのか慢性なのか、何か腰痛を引き起こす要因が過去にあったか、自分でも腰痛が起こる理由を考えてみましょう。
重いものを持った時にぎっくり腰になってしまった、激しい運動をしてから腰痛が出てきた、など思い当たることはありませんか?

一時的な腰痛の場合は、整形外科で診察を受け薬や湿布で腰痛が改善されるでしょう。
転倒や事故などで過去に腰を痛めた経験があり、その時は痛みがなくても何年か経過した後腰痛が出てくる、といったことも考えられます。

女性の場合、出産後からなのか、生理の時だけなのか、その痛みがいつ頃からなのか、といった腰痛の始まりを考えてみるのも原因が思い当たらない言う場合は、日頃の生活習慣を考えてみましょう。

特に腰痛の原因に思い当たることがなければ、骨盤の歪みが原因かも

過去にこれといった腰痛の原因が思い当たらず、痛みも慢性的に続いている場合は、骨盤の歪みが原因かもしれません。

そもそも腰痛はどうして起こるのでしょうか。

背骨の腰の部分にある腰椎がずれてしまうことで神経が圧迫され、腰痛を引き起こすことがあります。腰椎とつながっている骨盤が歪んでしまうと腰椎も歪んでしまいます。慢性的な腰痛、下肢の痛みの多くはこのずれ・歪みが原因となっていることがあるのです。

また、歪みは腰痛に限らず、股関節周辺や膝の痛みなどにも関連しています。現代医学をもってしても全容は解明されていませんが、骨盤の歪みが大きく関わっていることは確かです。なぜ、骨盤が歪んでしまったのかその原因を突き止め、改善することが重要です。

どんな腰痛なのか、骨盤の歪み方によって痛みもさまざま

骨盤の歪みは、腰のマッサージや理学療法などを施しても一時的には良くなっても、また痛みが出てきてしまい、腰痛そのものは改善されないこともあります。なので、歪みを根本的に治す必要があるのです。

長時間立ちっぱなしや座りっぱなしになることはありませんか?
同じ姿勢をとり続けるのは良くありません。腰を回したり、手足を動かすなど体を動かすようにしてください。

もし、腰の痛みが片側だけにある場合は、重心を無意識にいつも片側だけにかけていることが多いです。バックを右側にいつもかけている、買い物袋は左手で持っている、椅子に座ると足を組んでしまう、床に座ると横座りしてしまうなど、左右のバランスが崩れてしまったことによる骨盤の歪みが原因といえます。重心が偏らないように体を使うことを心がけてください。

また、ズキズキとした痛みが腰にある場合は、前後のバランスが崩れた可能性が高いです。猫背になっていたり、前後の筋肉の低下などによりバランスが取れなくなっているのです。骨盤の歪みによる腰痛は、ストレッチや筋力アップなどが有効です。

背骨や骨盤の歪みは、すぐには改善されません。専門の整骨院・整体院で正しく矯正して、その後自分でストレッチや筋力アップを継続して維持していくことが大切です。

盛岡市 長進整体整骨院の脊椎・骨盤矯正法

  • しっかり体をほぐすから、痛い矯正ではありません
  • 姿勢の変化、バランスの良さを、その場で効果を実感できます
  • 血行を良くし、自然治癒力を高めます
  • 産後の歪みもこれで解消
  • 心身ともにリラックスできます

 

長進整体整骨院のバランス整体×脊椎・骨盤矯正はこちら⇒

 

 



過去の記事


長進整体整骨院
モバイルサイト