骨盤のゆがみは足の長さでチェック
長進整体整骨院のホーム > 骨盤のゆがみは足の長さでチェック

骨盤のゆがみは足の長さでチェック

腰痛や肩こりの原因になる骨盤のゆがみ。
このような症状でお悩みの方は、左右の足の長さが違っていることがほとんどです。

これは左右の骨盤(解剖学的に言えば寛骨)が捻じれてしまい、骨盤にはまっている大腿骨の位置に左右差が生じるためです。骨盤が歪み、左右の足の長さが違うため、正しい姿勢で座ったり、立っていることができず、体に無理な負担がかかり、肩こりや腰痛となってしまうのです。

 

 

上の写真が矯正前です。踵の位置が左右で違っているのがわかると思います。
下の写真が矯正後です。踵の位置が左右で揃っているのがわかると思います。





このように足の長さを揃えて、骨盤の歪みを整えることで、体にかかる負担を軽減し
肩こりや腰痛の改善につながります。


長進整骨院の「バランス整体+脊椎・骨盤矯正」は、
体を十分に緩めてから行う施術なので、大きな痛みを伴うことなく、お子さんや女性でも安心して受けていただくことができます。

是非、1度お試しください。



過去の記事


長進整体整骨院
モバイルサイト