骨盤の歪みを治すために効果的な方法は?
長進整体整骨院のホーム > 骨盤の歪みを治すために効果的な方法は?

骨盤の歪みを治すために効果的な方法は?

自分の骨盤のゆがみやズレの状態を正確に把握することが大事

骨盤の歪みやズレは、日常の何気ない動作がクセとなり少しずつ起こってしまうものです。歪みがひどくなってしまったり、痛みが伴う場合は、整形外科や整骨院で診察を受ける必要が出てきますが、症状が出る前にきちんと自分で体を整えていきましょう。

少しづつ歪んでしまった骨盤は、少しづつ元の位置に戻していくしかありません。骨盤が歪んでいるからといって、その方法は何でもよいということではなく、大事なのは骨盤が歪む原因を認識し、自分の骨盤はどの方向にズレているのか、どのくらい歪んでいるのか、まず、自分の骨盤の状態を把握することです。

そして、自分の生活スタイルに合った方法を探し、それを毎日無理なく続けていくことがとても大切です。

骨盤の歪みを引き起こす筋肉の低下。腹筋を鍛える呼吸法が効果的

骨盤は「腹斜筋、腹横筋、腹直筋」の筋肉で成り立っています。老化だけでなく、姿勢が悪い生活を続けると知らず知らずのうちに筋肉が低下しますので、骨盤の歪みを治すには腹筋を鍛えることが重要です。しかし、腹筋を鍛えるといっても「腹筋100回!」といったことを、毎日続けていくのは大変です。しかも大部分の人が行う腹筋運動は「腹直筋(一般的に腹筋と呼ばれているところ)」しか鍛えられません。いつでもどこでもむりなくできる「呼吸法」を取り入れてみましょう。

やり方は、まず、足を少し開いて立ちます。下腹部に掌を当てて、ゆっくり息を吸います。それから掌を当てたお腹とお尻まわり全てに力を入れ、意識しながら一気に息を吐きます。この1サイクルを20回程度繰り返します。息を吸うときよりも、吐くときに意識をしながらお腹の筋肉をギュッと占めるのがポイントです。

歪んだ骨盤を正常な位置に戻すには矯正ベルトよりストレッチや体操

骨盤の矯正ベルトや引き締める力が強いガードルなどの商品は、骨盤をサポートする役割は大きいので、使い方次第では効果を期待できますが、骨盤の歪みを治すといったことは難しいというのが現実です。また、締め付ければ良いということではありません。自分の骨盤のタイプによっては、逆効果になることもあります。

骨盤が歪んでしまうと、基礎代謝が低下し、冷え性や肥満の原因になります。基礎代謝をアップさせ、歪んだ骨盤を正常な位置に戻すには、体操やストレッチが効果的です。
しかし、毎日続けなければ効果はありません。体に負担かけることなく、無理せず毎日5分程度の簡単な体操やストレッチを1つか2つ選んで、実行してみてください。

盛岡市 長進整体整骨院の脊椎・骨盤矯正法

  • ● しっかり体をほぐすから、痛い矯正ではありません
  • ● 姿勢の変化、バランスの良さを、その場で効果を実感できます
  • ● 血行を良くし、自然治癒力を高めます
  • ● 産後の歪みもこれで解消
  • ● 心身ともにリラックスできます

 

長進整体整骨院のバランス整体×脊椎・骨盤矯正はこちら⇒

 

 

 



過去の記事


長進整体整骨院
モバイルサイト