ゆがみ・骨盤矯正~症例1 脊柱側弯症
長進整体整骨院のホーム > ゆがみ・骨盤矯正~症例1 脊柱側弯症

ゆがみ・骨盤矯正~症例1 脊柱側弯症

小学校の側弯検診で異常を指摘され、整形外科を受診し「脊柱側弯症」の診断を受けているケース

患者さん

女性 小学6年生

来院

2018年3月

症状

学校のクラブでマーチングバンドに参加し、日々練習に励んでいる。重い楽器を持って歩きながら
演奏するため、疲労はあるがそれ以外の症状はなし。整形外科に定期的に受診し検査を受け、指導
された体操を行っている。母親が当院を定期的に受診されていたため、相談を受け受診を勧め来院
となる。

所見・考察

脊柱側弯症には
●機能的脊柱側弯症  椎骨自体の形状の変形を伴わない脊柱の側弯
●構築性脊柱側弯症  椎骨の変形や捻じれを伴う自力で正すことができない側弯



過去の記事


長進整体整骨院
モバイルサイト